Information

2022-04-23 10:40:00

本日は定休日となります。KINBUNDo.キンブンドードットは土曜定休に加え、今月は4/28(木)がお休みとなります。よろしくどうぞお願い致しますー。

 

KINBUNDo.キンブンドードットのカレンダー

https://kinbundodot.com/calendar

2022-04-21 11:09:00

新商品の紹介や定番品の詳細など、メーカーさんや問屋さんと直接やりとりさせて頂く商談会・展示会というのがあります。感染症対策のこともあり、ここ2年ほど金文堂は参加を見合わせていたのですが、今度久しぶりにメーカーさんとの商談会へ訪問させて頂くこととなりました。会場はきちんと対策をしてくださるとのことで、僕自身も気を付けながら久々の雰囲気を愉しんできたい…もとい勉強してきたいと思います。

 

 

つきましては、その商談会の日4/28(木)を臨時休業とする運びとなりました。来週ご来店をお考えの方はご注意くださいませ。

 

4月もいよいよ後半ですね、引き続きよろしくどうぞお願い致します。

2022-04-20 15:14:00
58D518C9-BF91-41E6-9447-8DD27450D8F8.jpeg

PILOT(パイロット)から先月ついに登場した万年筆用顔料インク「TSUWAIRO(ツワイロ)」が売れております!通常のブラック・ブルーブラック・ブルーよりも暗めの色合いになっていて、これがまた好評です。インクサンプル&色見本もご用意しておりますので、気になった方はお気軽にお申し付けくださいー。

 

52992581-E503-4DB9-B9DC-C88820EFB0AE.jpeg

 

…さて、ところで顔料インクって…?

 

 

万年筆用インクというのは水性インクになっています。水性インクにはおおまかに2種類あって、水性染料と水性顔料に分かれます。水性染料は一般的にイメージされる水性インクで、水に触れると滲んだり色が流れてしまう性質を持っています。光焼けにも弱いです。その代わりに発色が良く、色数も豊富に作れ、書き味もサラサラとしてなめらかなのです。万年筆用インクのほとんどがこの水性染料に該当します。

 

 

 

対して水性顔料インクというのは、「乾けば」水に強くなる耐水性インクになります。水性染料ほどではないにしろ油性に比べれば発色も良く、書き味もなめらかです。光焼けにも強く、筆記時の裏写りやにじみに関しても起きにくくなっています。つまりお仕事や長期保存、公文書などのシーンに非常に適したインクなのです。

 

ちなみにボールペンで言うと、PILOT「ジュースアップ」やZ◯B◯A「サ◯サクリッ◯」や三◯鉛◯「シグ◯」など、現在人気のある水性ボールペンのほとんどはこの水性顔料インクを採用しています。

 

 

42831DE8-696F-4B7B-BBB2-380BA71E4952.jpeg

奥が水性染料PILOTブルー、手前が水性顔料PILOTツワイロブルー

 

 

 

完全無欠に思える水性顔料ですがしかし、万年筆用の水性顔料インク…となると、ひとつ大きな弱点があります。それは「ドライアップ(ペン先の乾き)を起こしてしまうと水で落とせなくなる」ということです。通常、万年筆はペン先を水に浸ければインクが落とせるのですが、水性顔料は耐水性であるがゆえにそれが不可能なのです。

 

また、水性染料に比べて水性顔料は粒子が荒いため、水性染料を使っていたときよりもインクフロー(インク出)がやや渋くなり、字が細くなることも間々あります。加えて、ほかの性質のインクと混ざると激しめの化学反応を起こす可能性があるので、インクの入替は基本的に推奨していません。

 

 

 

◎水性顔料の強み◎

・耐水性&耐光性に優れる

・にじみや裏写りもしにくい

 

◉水性顔料の弱み◉

・インクフローが渋くなる可能性がある

・洗浄メンテナンスが出来なくなる可能性がある

・インク入替に小さくないリスクが生じる

 

 

まとめるとこんな感じでしょうか。万年筆用の水性顔料インクは、お仕事で使うなどのヘビーユースの方には最適なインクですが、色を愉しむことが目的の方にはリスクが高いインクですね。

 

しかしながらさすがPILOTさん、TSUWAIROとほぼ同時に「顔料インクにも対応した洗浄液」を発売してくれています。万が一ドライアップさせてしまっても一つ安心できるアイテムがある…というのがTSWAIRO好調の一要因になっているのかなーと思います。

 

 

916A8CDA-1A37-4682-B538-504317A6157C.jpeg

PILOT「万年筆クリーニングセット(¥880)」(*)

 

 

 

掻い摘んでお話した部分もありますのでご参考までに。

 

①暗めの落ち着いた色み・②耐水性&耐光性◎・③にじみ&裏写りしにくい・④リスクへの対処アイテムがある……名前のとおりいろいろな強みを持ったインク「TSUWAIRO」、その勢いは増すばかりです。

 

 

*あくまでPILOT製品に対するクリーナーキットになります。また、長期間放置してしまった顔料などは完全に落とし切れない可能性があること、PILOT製品のなかでも蒔絵・漆製品・プランジャー式・スクリュー式には使用を薦めていないこと、以上2点をご注意くださいませ。

 

 

2022-04-19 14:10:00
「フリー試筆」シャープペンシルコーナーに様々なモデルが追加されました。

スタッフにお声がけ頂かなくともお客様がご自由に試筆ができる当店の「フリー試筆」…そのシャープペンシルコーナーに新たなシャープペンが追加されました!

 

 

 

皆さまはシャープペンシルをお使いになられますでしようか…?現在、主なユーザー様はやはり学生さんで、小学校高学年〜高校生の方が主軸となっています。大学生・社会人の方になるとシャープペンを使う機会はグッと少なくなってしまうようですね。かくいう僕も絵を描くとき以外はほとんど使わなくなっております。

 

しかしながらシャープペンの人気は止まることを知りません。¥1000ラインを筆頭に、最近は¥3000〜¥5000ラインの高級シャープが多くの学生さんの指示を集めています。機能性だけでなくデザインやブランドにも拘ったニーズというのも増えている印象です。

 

 

 

ただ、その多くはパッケージやショーケースに入っているモノがほとんど。なかなか試しての購入ができず、通販サイト等を利用してのご購入も多いようです。結果、期待していた使い心地と違かった…と当店へ新たにシャープペンシルを探しにくる方もいらっしゃいます。

 

今回、そういった高級ラインも数多く「フリー試筆」に新たに加わりました。巷で「書きやすい!」と評判のシャープペンが、果たしてご自身の手にフィットするのかどうか…ぜひ一度試しにいらしてみてください。

 

 

 

*フリー試筆に追加されたシャープペンシル

・PARKER(パーカー)「ジョッター」 ・HMM(エイチエムエム)「ペンシル」 ・「RHODIA(ロディア)「スクリプト」 ・SAILOR(セーラー)「DAKSハウスチェック」 ・Bernarld(バーナード)「サンスケシャープ」 ・TWSBI(ツイスビー)「プレシジョン 格納式/固定式」 ・r0tring(ロットリング)「#600」 ・三菱鉛筆「アルファゲルSwitch」 ・FABER-CASTELL(ファーバーカステル)「グリッププラス」 ・STAEDTLER(ステッドラー)「771シャープ」

 

 

近日追加予定

・Pentel(ぺんてる)「オレンズネロ」「オレンズメタルグリップ」 ・TA+d(トレアジアデザイン)「バンブーペンシル」 ・r0tring(ロットリング)「ラピッドプロ」

 

 

 

*超人気モデルまたは高級モデルのため、お声がけのうえ試筆可能なペンシル

・Kaweco(カヴェコ)「スペシャル」「スペシャルミニ」 ・ystudio(ワイスタジオ)「真鍮シャープペンシル」 ・PILOT(パイロット)「カスタムカエデ」 ・r0tring(ロットリング)「#800」

 

 

2022-04-18 15:42:00
989BF0F0-682A-4977-B818-710404F8B141.jpeg

その長さわずか9.5㎝!極小サイズのノック式ボールペンKaweco(カヴェコ)「リリプット」が入荷しました!

 

ボールペンの重みで胸ポケットやエプロンポケットがダレてしまったことはございませんか?手帳用に小さなペンを検討したことは…?出かけるときに嵩張らないペンが欲しいなと思ったことは…?

 

61758039-1BA6-43C7-A024-87788D928620.jpeg

 

リリプットボールペンは軸径Φ9㎜・重さ10gの短軸ノック式ボールペンで、携帯性に非常に優れたモデルになっています。小さいからと言って侮ることなかれ、ノック機構は精巧に出来ており快適な芯繰り出しが可能です。見た目にもシンプルで使うシーンを選びません。クリップ(別売¥880)を付けることで更に機動力を上げることができ、雰囲気もよりラグジュアリーに昇華されます。

 

C8DF8B08-914D-4C4F-B88F-C37D52396EC5.jpeg

 

もう一つ、大きなポイントがあります。書き味をアレンジできる…ということです。

 

このモデルに採用されている芯は通称D規格(D1規格)と呼ばれる短金属芯で、国産・舶来品問わず数多くの互換芯が展開されているものになります。スラスラ書ける国産なめらかインクや、ヌラヌラ書ける舶来品ねっとりインク、その間をとったバランス型インクなど…お好みにあった替芯交換が可能なのです(メーカー非公式となりますのでご注意ください)。

 

どの芯がどういった書き味か、店頭でご案内ができますのでご安心ください。

 

3D916769-8E99-4258-A5E0-9AC04E28E4EE.jpeg

 

シンプルなデザイン、抜群の携帯性、実用性の高さ、値段もギリギリ¥5000を切るところから、ギフトとしても世代を問わずオススメできる逸品かなと僕は思います。実際、僕は友人に先日プレゼントしました笑)。御予算に余裕のある方は、クリップや替芯をいっしょに添えてあげるとなおヨシです。よろしくご検討の程。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...